SRM-006tS仕様
●周波数特性:DC~80kHz +0, -3dB
●高調波歪率:0.01% 以下/1kHz,100Vr.m.s.出力時
●増幅度:60dB(1000倍)
●定格入力レベル:100mV/100Vr.m.s.出力
●最大出力電圧:300Vr.m.s./1kHz
●入力インピーダンス:50kΩ(RCA)、100kΩ(XLR)
●入力端子:XLR×1(2番:HOT)、RCA×2(1系統パラレルアウト端子装備)
●バイアス電圧:DC580V×2
●使用真空管:6FQ7/6CG7×2本
●電源電圧:AC100V,50/60Hz(電源電圧は変更できません)
●消費電力:49W
●使用周囲温度/湿度:0~35℃/90%以下(結露しないこと)
●外形寸法:195(W)×103(H)×380(D)mm(突起部含む)
●重量:3.4kg
パラレル出力端子をご利用の際のご注意!

パラレルアウト端子に接続されたプリ・アンプやプリメイン・アンプの電源がOFFの場合、
そのアンプの入力インピーダンスが下がりソースの音が歪むことがあります。
この場合はアンプの電源を入れるか、ケーブルを外してください。
弊社製のドライバーユニットを増設してご使用になっている場合、
お使いになっていないドライバーユニットのボリュームをゼロに絞れば影響はございません。

ページの先頭へ

close